こんな風に映像制作されています
2021年10月18日

映像制作のアルバイトをするメリットとデメリット

映像制作のアルバイトをすると正社員になれる場合がある、時給が高い、未経験でもできるなどのメリットがあります。それなりに努力が必須となりますが、映像制作の会社に認められれば、正社員になれることがあります。その時はアルバイトから一気に昇格となることから、万歳をしたくなるほど嬉しいはずです。その時は、家族も喜んでくれるのですぐに連絡をしましょう。

また、映像制作の仕事は専門的な技術が必要となるため、時給も結構高めになります。アルバイトとして長く働くほどお金になるので、我慢して勤め続けるのも悪くないです。あと、求人票などに未経験でも可能とある時は、採用されると一から仕事を教えてもらえます。初めは難しいと感じるかもしれないですが、徐々に慣れてくるので頑張るべきです。

デメリットは仕事が忙しい、休日が少ないなどが挙げられます。テレビ業界の仕事になるので、土日関係なく働き続けることになります。仕事に慣れてきた場合は、夜勤も可能な仕事なので、その気があるなら上司にお願いしてみるのもいいです。夜勤で働くと日勤よりも時給が3割近く上がるため、やってみる甲斐はあります。

その時は、仕事熱心なアルバイトと褒めてくれる可能性もあります。あと、映像制作は仕事が豊富なので、休みを入れにくいです。どうしても休む必要がある時は、数週間ほど前に上司に話しておくといいです。ただ、葬儀については仕方ない面もあるため、上司も許可を出さざるを得ないです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です