ジェットスキーは今新たな趣味としてもお勧めですし、まだ乗ったことがない方は沖縄などのスポットでのアクティビティーを利用して乗ってみると良いです。乗ると言ってもその際は後ろに乗せてもらう形です。バナナボートを引っ張っているのもジェットスキーがおおいので、それに乗ってみるのも良いでしょう。爽快感というのはかなり味わえますし、それが病み付きになる方も多いです。

乗せてもらうという事であれば問題はありませんが、操縦する際には船舶免許が必要になります。ちなみにジェットスキーの場合は小型特殊船舶免許が必要になりますので、まずは教習所を探すところから始めていきましょう。自動車教習所と比べると、かなり数も少なく限定されてきます。料金のばらつきが少し生じることも有りますが、安さだけで選んだりすることなく、内容なども一応確かめた上で決める事をお勧めします。

小型特殊船舶免許に関しては、2日コースでの取得というのが一般的です。1日目に学科の講習と実技の講習があります。2日目にマーク式の学科試験と実技の試験、そして身体検査があり合格判定が出れば即日免許交付となります。とてもスピーディーな流れですし、思っていたよりも簡単だったという声も多く寄せられていますので、まずは情報リサーチから始めていきましょう。

ジェットスキーはメンテナンス費用だったり艇庫料金、自宅の保管するとなればトレーラーも必要ですしコストがかかります。