船舶免許は、独学での取得を目指すことができる仕組みにはなっているものの、ほとんどの人は免許スクールか登録小型船舶教習所のどちらかで知識や技能を学んでいます。これから船舶免許の取得を目指す人にとっては、教習所と免許スクールのどちらで学ぶかは迷いどころです。結論から述べると、教習所と免許スクールは一長一短であり、どちらを選ぶかは船舶免許取得を目指す者自身の考え次第ということになります。登録教習所に行くメリットはすべての課程を修了すれば、本来受けなければならない国家試験の学科と実技がいずれも免除になり、身体検査で問題がなければ免許交付まで進められることです。

しかし、その分取得までに時間がかかることと、費用もスクールとくらべて少し高くなることが難点です。これに対して、免許スクールは技能や知識を教わるだけで、国家試験は自分で受けなければなりません。その一方で、登録教習所で学ぶ場合より短期間、かつ安く免許を取得できるのが利点といわれています。学ぶことができる内容はどちらも変わらないので、安全に船舶免許を取りに行きたいのであれば登録教習所、できるだけ短期間で取得を目指したいなら免許スクールを選ぶと良いでしょう。

より短期間で、出費を抑えて船舶免許を取りたい場合は、学科講習の部分のみを独学で行い、実技は免許スクールで学ぶという方法もあります。実技を独学で学ぼうとすると、修得するための環境をつくるための費用や時間がかかりますが、免許スクールを利用すればその必要はありません。