船の操縦となると、船舶免許が必要になりますし、その際の免許はかなり難易度も高いことがあります。学科も難しいという噂を聞いたことがあるかもしれません。しかし水上バイクを操縦するときに必要な小型特殊船舶免許は、難易度も低いですし教習所で2日間のコースを選ぶとすぐに取れます。水上バイクを新たな趣味にするのはとてもお勧めですし、刺激をもとめているかたにもぴったりです。

あのスピードはなかなか体験できませんし、まずは沖縄などのスポットで乗せてもらうという事からスタートです。そこで病み付きになるぐらい楽しかったという経験があれば、きっと趣味にしても楽しくなるでしょう。ちなみに小型特殊船舶免許は必要となりますが、とても簡単ですし多くの方が週末などを利用してサクッと取得しています。水上バイクは購入するとなると新品で300万円弱するものもあります。

そこに加えて自宅保管するとしてもトレーラーは必要ですし、艇庫に保管するという方法でも艇庫料金がかかります。メンテナンスも特殊なものですので費用はそれなりにかかりますし、コストは相当かかってくるでしょう。そのため富裕層の趣味というイメージも持たれがちです。しかし今の時代は何でもレンタル出来ますし、それを利用すれば気軽に乗りたいときだけ借りられますし、ランニングコストは抑えられます。

保管の手間というのもかかりませんし、レンタルサービスを利用する党のもお勧めです。船舶免許のことならこちら