日本以外で小型船舶免許制度はどうなっているのか、気になる人も多いです。実は日本国外の地域では免許制度自体がないところもあります。小型船舶免許は国内法により定められているからです。実は小型船舶の免許に関しては国際的に具体的な決まりがありません。

そのため、各国独自の免許制度を採用しています。日本で取得した小型船舶免許を海外で見せても、なんだかわからないと思う人が多いです。もちろん海外で取得したものを日本で使用してもいけません。小型船舶免許は国ごとに取得しなければならないため、自動車免許とは違うといわれています。

取得できる年齢も日本国内独自の基準により定められているため、免許取得可能年齢などをも正確に把握してから取得することが望ましいといわれています。視力や市企画・聴力などに関してはある程度補正は認められているため、眼鏡や補聴器を使えば取得することは可能です。ただし、色覚の基準が夜間船舶の灯火の色がわかることとなっているため、識別できない場合はある程度限定された免許を発行されることになります。灯火の色が識別できない場合は日の出から日の入りまでの間に航路標識の色がわかるかどうかで、小型船舶免許を取得できるかどうかが決まりますので、識別できないからとあきらめないでください。

航路標識の色がわかる場合は、日の出から日の入りまで等、時間限定で免許を取ることができるからです。正確な情報をよく理解して受験に臨むことで、確実に免許を取得できます。