夏の暑い時期になると海に出たくなるものです。海に出て開放的な気分になると、日頃のストレスも解消することになります。砂遊びや海水浴を行うことで、1日過ごすということも大変良いものです。このようなことで、日本中には様々な海水浴場が設置されています。

数多くの人達が海水浴場に出かけ、海水浴を楽しむことになります。そのような海水浴場において、水上バイクと呼ばれるものが走っているのを目にするようになってきました。従来の船舶とは異なり、大変小さく機動性があり水上でのアクティビティを楽しむことができます。大きさとしてはバイクと似たような感じですので、水上バイクと呼ばれます。

新しい海のレジャーとなっています。このような新しいレジャーとして感じなってきている水上バイクなのですが、その他の会場の乗り物と比べ大変スピードが出ることや浜辺の近くを走行する事から、専用の免許が必要となってきます。水上バイクを運転するためには、小型船舶免許と呼ばれる免許を取得することが必要です。小型船舶免許取得には、2種類の方法があります。

一つは、国家試験を直接受験し合格するというものです。この方法は困難の度合いは大きいのですが、首尾よく行けば最も経費がかからない方法です。もう一つの方法は、国家試験免除の講習を受け卒業試験に合格することです。その方法は前の方法に比べると小型船舶免許取得は簡単なのですが、受講するための講習料が必要となってきます。