小型船舶免許を取得するためには国家試験に合格する必要があるため、試験をクリアするための学科講習や実技講習を行っている教習所やボートスクールに通う人が多いです。独学だけでも国家試験を受験することはできますが、学科試験の対応ができても実技試験の対策をするのは難しく、試験ではじめて操縦することになってしまうので合格率が下がります。一方で、国土交通省の規定を満たして認可を受けている登録小型船舶教習所では、有資格者が行う教習を受けてから教習所の修了審査に合格すれば国家試験が免除されるシステムになっています。万が一修了審査に不合格となってしまった場合にも、再度苦手な科目について補講を行ったり、無料で何度でも修了審査ができるサポートがあるので安心です。

登録小型船舶教習所では、新たに小型船舶免許を取得する人だけではなく、小型船舶免許の更新手続きにも対応しています。小型船舶操縦免許証の有効期間は5年間になっていて、更新の手続きは有効期限の1年前からできるので早めの準備が必要です。更新手続きの流れは、最初に各会場で行っている講習日程を確認した上で講習の受講予約をしてから、指定の方法で受講料を振り込みます。受講当日は必要書類をそろえた上で講習開始の15分前までには教習所に行くようにします。

提出書類は受講申込み書のほかに、証明写真、免許証のコピーなどがあり、講習を受けてから1週間ほどで新しい免許証が手元に届くのでスムーズです。小型船舶免許のことならこちら