小型船舶免許は基本的に船を運転するときに必要となりますから、早めに取得をしておくことで船を合法的に運転することができるようになります。小さなゴムボートなどを操縦する場合は基本的に免許は必要ない可能性が高いので、そのような場合は小型船舶免許を取得する必要はないです。ただ規模が大きなボートや船などを運転する場合は必ず免許を取得しておかないと違法の状態になってしまいます。自動車免許の場合は教習所に通うことでスムーズに免許取得を目指すことができますが、小型船舶免許についても基本的には専用の教習所に通うことになります。

色々な地域に免許を取得できる教習所がありますから、まずはインターネットなどでそのような教習所を見つけていくのが大切です。専用の教習所を利用することで水上バイク用の免許なども取得することができますから、多少の時間をかけることにより、海や湖などで乗ることができる水上バイクやジェットスキーなどについても合法的に乗れるようになります。小型船舶免許にも1級や2級といった種類が存在しますから、各自で乗りたい船のサイズなどによって条件に違いがでてきます。教習所で基礎的な知識は学んでいくことができますから、大体のことは勉強して理解することが可能です。

実技講習なども用意されている特徴がありますから、船やボートの運転が簡単に学ぶことができるようになっています。基礎的な知識とスキルを身につけることによって、安全に運転ができるようになれる筈です。