小型船舶免許は、正確には小型船舶操縦士免許といいます。この小型船舶操縦士免許は、日本国内のエリアで小型船舶を操船するために必要となる資格のことです。小型船舶免許には、一級や二級のほかに、特殊小型船舶操縦士などの種類があります。一級は、総トン数が20トン未満の船舶を操縦できる免許のことです。

一級免許に関しては、航行区域の制限がありません。将来的に色々なエリアへ行ってみたいのであれば、ぜひ一級免許を取得しておくとよいでしょう。一級の受験資格は、満18歳以上となっています。二級は、総トン数が20トン未満の船舶を操縦できる免許のことです。

二級免許は、一級と違って航行区域の制限が設けられています。水区域や海岸から5海里以内の範囲でしか操船することができません。二級免許の受験資格については、満16歳以上からとなっています。小型船舶免許を取得するのであれば、まずはこの二級免許からチャレンジしてみるとよいでしょう。

特殊小型船舶操縦士は、水上オートバイを操船できる免許のことです。この特殊小型船舶操縦士に関しては、二級免許のような航行区域の制限がありません。日本国内であれば自由に操船が可能となっています。受験資格については、満16歳以上となっています。

これらの小型船舶操縦士免許は、国家試験となっているため、しっかりと勉強しておく必要があります。操船の技術も身につけておかなくてはなりません。初心者の方は指定の教習所で学んでみるとよいでy層。