こんな風に映像制作されています
2021年12月9日

静止画よりも宣伝効果が高い動画制作

近年は、スマートフォンを利用しているユーザーが増加しており、動画サービスが充実してきていることから主要メディアがテレビからインターネットへと変化してきています。Web広告の市場規模が拡大してきており、動画は日本人の生活になくてはならない物になったといってもよいでしょう。宣伝効果を求める場合に、動画制作を依頼する企業が増えてきており、実際に静止画よりも宣伝効果が高いことから動画制作市場はますます盛況になっています。動画広告は静止画よりも印象に残りやすく、分かりやすいため短時間で幅広いアピールができるというメリットがあることが多くの企業で選ばれている理由です。

人は動くものに反応し、動く映像は静止画よりも視界に入りやすいという特徴があります。まずは見てもらうことが広告では大切なので、動画が効果的というわけです。文章を読むことが苦手という人は良くいますが、動画を見ることが苦手という人は少なく、商品説明やサービス説明を静止画と文章で理解することは大変で時間がかかる作業になりますが、動画なら短期間で視覚的に理解することができ、印象に残りやすいというメリットがあります。読むという作業よりも見るだけの方がハードルが低く、視覚的な情報と音声が同時に流れるので理解しやすいため、動画を活用することの方が効果的に宣伝することができることになります。

動画制作は静止画を使った広告よりもコストがかかることがありますが、コストパフォーマンスが高いため導入している企業が増えてきているのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です