ほうれい線を消すために高周波治療は有効です

ほうれい線を消す効果が期待できる、美容クリニックで受けられる施術の種類に高周波治療があります。高周波治療は美肌効果を高めて、顔全体をトータル的に若返らせることができる治療法となります。効果を長く持続させたいときには、美容マシンを使用した高周波治療を受けることになり、高周波の熱を当てることで肌の真皮層のタンパク質を破壊します。それによって火傷の状態を作って、創傷治療の作用がある高い弾力性を持っているコラーゲンを細胞に作らせる治療です。

肌の内部に生じる火傷が治るまでには、3~6か月ほどの期間がかかり、その間に肌のハリが出てきます。高周波は光やレーザーでは、届かない皮膚の真皮層に届かせることができる点が特徴で、フォトフェイシャルやレーザー治療よりも高い効果があると考えられます。高周波治療の中でも人気のある施術がサーマクールで、施術にかかる時間は30~40分ほどとなります。1か月から6か月ほどかけて、段階的にリフトアップすることでほうれい線を消すことができます。

ほうれい線を消す効果を持続させるためには、定期的に施術を受ける必要があり、半年に1回のペースでサーマクールの施術を受けることが有効です。サーマクールの場合であれば、1回にかかる費用は15万円程度かかります。高周波を当てることで肌のコラーゲンが再生成されて、ツヤやキメ、ハリなどの美肌効果を得ることができます。従来までの機器では強い痛みを感じるものでしたが、最新式のマシンを導入しているところであれば、痛みを軽減できるようになっており、ほとんど無痛で施術を受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です