船舶免許とは20トン未満の小型船舶を操縦するために必要となるもので、正式名称は小型船舶操縦士免許です。一級と二級、特殊の3区分がありそれぞれ操縦可能な船舶や航行可能区域に違いがあります。海岸から5海里を超えて外洋で無制限に小型船舶を操縦したい場合には一級が必要です。海岸から5海里までの海域を操縦するには二級が必要になり、18歳未満だと5トン未満に制限されます。

二級の湖川小出力限定免許は航行区域が湖や河に限定されており、総トン数は5トン未満でエンジンの出力も15キロワット未満とされています。海岸や湖岸から2海里の範囲内で水上オートバイを操縦したい場合には、特殊小型船舶操縦士免許が必要になります。船舶免許には異なる種類がありますが基本的な所得方法は共有しています。免許を取得するには国家試験に合格するか、登録小型船舶教習所の修了試験に合格しなければなりません。

小型と言っても海上などを航行する船舶なので確かな知識や技術が求められます。船舶免許の国家試験には学科と実技があり学科だけならば独学で対応できますが、実技の練習ができません。効率的に国家試験を合格したいのであれば、免許スクールに通うとよいでしょう。学科だけは独学で挑戦して実技は免許スクールで指導を受けることもできます。

登録小型船舶教習所では、所定の学科・技能教習を受けて修了試験に合格すれば国家試験が免除されます。知識や技術を身につけるだけでなく、スムーズに免許を取得したい場合には登録小型船舶教習所に通うのがおすすめです。