船長になりたいという小さい時からの夢があるという方は少なくありません。加山雄三さんやタモリさんを見ていると分かりますが、大海原を自分の船を操縦するというのはロマンがありますし、そこに憧れを持つ方も少なくありません。船はかなり高額な乗り物ではありますし、維持やメンテナンス費用もかかります。停泊させるのにも費用がかかりますので、ランニングコストに関しても知っておく必要があります。

しかしそもそも船を持つことを考えているという時点で、富裕層であるという事も多いです。趣味として船とあげている方の多くは経済的な余裕がある方がほとんどです。船舶免許を取得すれば自分の船を操縦できるようになりますし、レンタルという方法も有りますが船の場合は自分の物を持つという方の方が多いかもしれません。費用がかなり掛かるという事も有りますが、ジェットスキーであればレンタルも気軽にできますし免許も比較的簡単に取れるという事がありますのでチェックしてみてください。

ジェットスキーは水上バイクともいいますが、水の上をスピードを上げて走ることが出来る乗り物で、非日常的な楽しさがそこにはあります。後ろに乗るだけでしたら船舶免許は必要ありませんが、操縦するときには小型特殊船舶免許が必要です。2日で取得出来るコースが主流ですし、まずは教習所探しからスタートしていきましょう。費用は7万円弱ぐらいですが場所によって少し違ってくることも有ります。