18歳になると自動車を運転するための免許を取得することができるのです。自動車学校が自宅の近くにあるという人は、自宅から通うことが出来るのですが、自宅から通いやすい場所に自動車学校がないという人は、合宿免許を取りにいくということがとてもおすすめになるのです。合宿免許は、田舎の方に泊りがけで行き、免許取得のための勉強をしたり、実際に運転して技術を学んだりすることができるのです。合宿が終わる頃には試験があり、それにパスすることによって運転免許が取得できるということがあり、自動車学校に通うよりも短期間で運転免許を取得できるということから、とても人気となっているのです。

特に学生は夏休みや冬休みなどの長期休みがありますので、そういった長期休暇を利用して合宿免許を取りに行くという人がとても多いのです。しかし、この合宿免許で運転するのは対向車もあまり来ないような田舎道ということがありますので、自宅付近が交通量が多いと、いざ免許を取得して自宅付近で運転しようと思った場合、交通量の多さに驚いてしまい、思わぬ事故につながってしまうということもあるので、注意して運転する必要があるのです。こういった合宿では、意外と空き時間が多くなるということがありますので、文庫本や携帯用ゲーム機などを持っていき、暇つぶしをするということもとてもおすすめとなっているのです。勉強ばかりではストレスになってしまいますので、こういった息抜きも大切なのです。