こんな風に映像制作されています
2021年10月15日

映像制作の求人に応募するときの注意点

今は映像制作の求人というのは多くありますから、この求人に応募することを考える人も多くなっています。ただ、最近は一口に映像制作といってもその仕事内容は多岐にわたってきていますから、応募の際には自分がやりたい仕事なのかどうかを予め調べておくことが大切です。最先端の映像制作ではあればねVRといわれるようなバーチャルリアリティー技術を駆使した最先端の技術が必要となりますし、CGであれば3DCGの技術が必要になります。またCGでも使用するツールが違うと使い方を覚えるだけでかなりの期間を必要としますから、自分が使えるツールなのかということも知っておく必要があります。

場合によってはイラストなど手書きの技術が必要となる求人もありますから、自分が持ってるいるスキルと照らし合わせて考える必要があります。映像制作の仕事の場合は、どんどんと技術が今進化しているところなので、その技術をいま持っていなくても、仕事をしながら覚えるということも可能です。最先端技術の場合はその技術を習得している人は少ないですから、雇う側も働いてもらいながら技術を習得してもらうということを考えることになるからです。特に今の先端技術は高価なソフトを使用するものが多くなっているので、個人でそのような高いツールを使う技術を持っている人は少ないということがあります。

ですから、ある程度の基礎的な知識と技術があれば、後は会社の方で教えていくということを考えているところも多くなっています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です