こんな風に映像制作されています
2021年10月12日

無職が映像制作の求人に応募するメリットとデメリット

無職が映像制作の求人に応募すると無職ではなくなる、高給が期待できる、やりがいを感じるなどのメリットがあります。採用されれば無職ではなくなり、日々懸命に仕事をする毎日を送ることになります。映像制作の仕事は体力が必要となることから、求人に応募する前に、ジョギングなどをして体力作りをすると良いです。その時は、応募に成功すれば、元無職とは思えない活躍ぶりを見せることもあります。

また、映像制作の仕事は専門的な技術が必要なので、高い給料がもらえます。ただ、求人で採用された直後は見習い期間なため、やや低い給料となります。仕事を覚えてくれば自然と給料も上がっていくので、しばらくは我慢です。あと、無職の時と違って、社会に貢献をしていることになるのでやりがいを感じるはずです。

デメリットは採用されるとは限らない、同僚達と息が合わないことがあるなどです。求人に応募しても採用されない可能性もあります。その時は落ち込むかもしれないですが、この悔しさをバネにして次の仕事を探すべきです。また、同僚達と息があわないこともよくある話です。

合わせるコツは、同僚達と意思の疎通ができるくらい仲良くすることです。ただ、無職だった経験が長いと、自分の判断で行動するのに慣れてしまっている場合もあります。その時は、きついかもしれないですが、同僚達に合わせようと努力をしてみましょう。上手く成功すれば人間的に成長できるので、今後の仕事にも十分役立ちます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です