こんな風に映像制作されています
2021年10月6日

未経験者が映像制作の求人に応募する長所と短所

未経験者が映像制作の求人に応募すると、仕事を教えてもらえる、技術が身につく、自慢話にできるなどの長所があります。求人に未経験でも可能と書いてある時は、採用されれば映像制作の仕事を一から教えてもらうことができます。最初は失敗するかもしれませんが、徐々に身体が覚えていくので大丈夫です。最初の1年は見習い期間と言えますが、数年後には映像制作の技術が身についているはずです。

その時は、求人の募集に応募してよかったと感じるはずです。また、大変珍しい仕事でもあるため、家族や友人などに自慢話をすることができます。お盆休みや正月は休みをもらえるので、どんなことをしているのかを話してあげるといいです。仕事の内容については話をしても問題ないですが、技術に関する部分は口に出さないほうが無難です。

短所は仕事が難しい、失敗すると怒られる、使う機材が重いなどです。映像制作の仕事は、専門的な技術が必要なことから、初めは難しいと感じることもあります。対策としては、一緒に働いている先輩に事情を説明し、やり方を教えてもらうと解決の糸口になります。また、特殊な職場でもあるので、上司にあたる人の中には厳しい人がいることもあります。

その時は、失敗をするたびに怒られてしまいます。ただ、映像制作の仕事を上手く出来るようになれば認めてくれるので、それまで我慢です。また、仕事に使う機材は結構重いですが、時間が経てば腕力と体力が備わってくるため気にならなくなります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です