こんな風に映像制作されています
2021年9月21日

映像制作のアルバイト求人に応募するときの資格

アルバイトの求人情報でよく見かける、映像制作とはどのような仕事なのでしょうか。一般的に考えられる映像制作の仕事から、その作成に必要な知識や資格をここでは考えていきたいと思います。一般に映像と呼ばれるものは、テレビやシーエム、プロモーションビデオなど多岐にわたります。このようなメディアに露出する映像を制作する場合、アルバイトとして必要な知識はさほどありませんが、結婚式などに使用する映像を制作する場合は、ビデオカメラの知識や映像編集ソフトの知識が必要となる場合があります。

メディア系の映像では、アシスタントと呼ばれるディレクターの補助から始まり能力が認められれば、アルバイトでも制作を指揮する側に回れます。結婚式などの映像制作を行う場合はカメラの知識や編集ソフトの知識が必要となりますアルバイトであってもこのような知識を持っていればより採用される確率が上がるでしょう。映像制作現場で、映像を撮るときに使用するカメラは、一般的な家庭で使われているようなものではなくプロ仕様の大きめのものになります。このカメラは、ある程度重量があるものになっていますので、カメラをしっかりと支える力が必要となります。

女性など体力がない方は、制作現場ではなく映像編集の現場に行く場合があります。このときに必要な知識は、映像を編集するソフトを使用できる事が必須となります。どの分野に応募するかで、必要な経験や知識が異なりますので事前に調べましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です