こんな風に映像制作されています
2021年9月15日

映像制作のアルバイトの仕事内容について

映像を作るには、大勢の人たちによる作業が必要になります。デジタルビデオカメラを用いて、動画を撮影するという作業を想像する人が多い傾向にありますが、映像制作の仕事はカメラを持って撮影するだけではありません。裏方の地味な作業がかなり重要なのです。映像に出演する人やカメラマンだけが注目されがちですが、小道具を用意したり照明器具を調整する作業も大切な仕事です。

また、撮影を終えた後の、編集の仕事も大事でしょう。そういった仕事は正社員だけで賄われているのではなく、アルバイトを募集することもよくあります。アルバイトだと、正社員よりも賃金は安いですが、採用のハードルは低いです。映像制作に興味のある人は、応募をしてみるといいでしょう。

学生からフリーターまでたくさんの人が映像制作の現場でアルバイトとして活躍しています。主婦の人がパートとして働いているケースも珍しくありません。映像制作のアルバイトで従事する仕事内容は、照明器具の調整や小道具の準備などが中心になります。また、職種によっては編集作業もやらせてもらえるでしょう。

編集ソフトの扱いに慣れている人は、面接でそのことをアピールすると採用されやすくなります。カメラマンや主役としての出演は、アルバイトで経験するのは難しいですが、実際に映像制作の仕事を経験できるということから、求人に応募をする人はかなり多いです。そのため、競争倍率も通常のバイトと比べて高めでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です