こんな風に映像制作されています
2021年8月9日

進化する映像制作のアルバイト

以前は敷居が高そうなイメージが一般的であった映像制作のアルバイトですが、ここ数年で映像制作の作業環境は大きく変化してきています。専用の編集機器がなくてもパソコンと編集用のソフトウェア、そして容量の大きいハードディスクがあれば誰でも作業ができるようになったことがその要因です。最近ではYouTubeにアップする動画の編集など、テープに出力しない形の映像制作のようなアルバイト感覚で行える業務も増加しています。特にYouTubeにアップする動画はテレビなどの映像媒体と比べてクオリティよりも納品までのスピードや時間あたりにこなせる本数の方が重要視されることが多く、簡単に尺を詰めたりテロップ入れができれば十分とされるケースもあります。

最終的に映像メディアに使用する場合と異なり、ネットメディア向けの制作の場合はナレーションがなかったり、使う素材についても静止画やテロップをタイミングに合わせて出すだけだったりというところもあるので、個人レベルでも十分請け負うことができる案件も多くなっています。以前は数十万円するのが当たり前だった動画編集ソフトウェアは個人でも手が届く価格の製品が増えており、ソフトによっては数千円から一万円程度で購入できるものもあります。このように昔は専門職的な色合いが強かった映像制作の現場は、技術の進歩によってアルバイト感覚で仕事を請け負うことができる環境へと変化してきているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です