こんな風に映像制作されています
2021年8月6日

映像制作のアルバイトは他にはない魅力がある

映画に興味があって将来は映像の現場で働きたいと思っているなら、映像制作のアルバイトがオススメです。映像に関する仕事には、演出や撮影、プロデューサー、編集など色々なものがあります。自分が希望する仕事ができるかどうかはわかりませんが、少なくとも雰囲気は味わえるでしょう。製作現場での雑用であってもそれなりに得られるものは大きいはずです。

映像制作のアルバイトは、アシスタント業の仕事がメインになります。プロのスタッフのアシスタントをすることが多く、撮影スタッフならコードをさばいたり機材運びなどを行います。また、カメラテストのモデル役などを務めることもあります。事務職の場合は、制作スケジュールの整理をしたり、スタッフへの連絡係をすることが多いです。

映像制作のアルバイトは、他では味わえない魅力があります。それは人間関係で、色々な人たちと出会うことが可能です。一般的に映像の仕事は、作品ごとに同僚が変わることが多く、制作現場は多様なスタッフが集結します。監督や助監督、撮影や照明、録音、美術、俳優などは作品によって全て異なるので、様々な人に出会えて勉強になります。

全員でひとつのものを作りあげる喜びは、何ものにも代えがたい感動があります。とにかく映画作りに携わりたい人にとって魅力的です。映像制作のアルバイトの求人募集はそれほど多くないので、採用されるためにセンスと技術を磨いておくことが大事です。自身で制作した映像や写真を持参すれば自己アピールになり、採用確率が高まるでしょう。

VTR機器や三脚など重い機材を担いで移動することも多いので、体力面もある程度鍛えておくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です