たるみ治療はメスで切らない方法が注目されている

顔のたるみはいかにも老けた印象を人に与えるので、外見の老化を気にする人にとっては是非とも解決したいポイントのひとつと言えるでしょう。たるみ治療と言えば以前はフェイスリフトという、メスを使って皮膚を切開し、たるんだ皮膚を吊り上げるといった手術法がよく選ばれていました。しかし、外科手術となるフェイスリフトは人によっては敷居の高い方法だったので、たるみ治療を受けたいと思いながらもあきらめてしまうというケースも多くありました。そんなたるみ治療ですが、近年ではメスで切開をするのではなく、レーザーやラジオ波(高周波)、超音波を使ってたるみを改善する治療法が登場しており、気軽に受けられることが魅力となって多くの人に注目されています。

メスで切らずにどうやってたるみを改善するのかと言うと、例えばサーマクールというRF波(高周波)を使った治療法では、高周波のエネルギーを真皮層に与えることによって、今あるコラーゲンを収縮させたり、新しくコラーゲンを産生させたりといった効果を引き出し、それにより肌が強力に引き締まりたるみが改善されるという仕組みになっています。他にも、ウルセラという治療法は超音波を使って表在性筋膜(SMAS筋膜)にアプローチ出来る画期的な治療法で、皮膚の奥深くに極小の熱ダメージを与え、それへの修復機能によってたるみを改善するという施術です。これらのメスで切らないたるみ治療は、治療時に肌表面へのダメージがほとんど無く、ダウンタイムが少ないことが魅力となっているため、仕事をしながらでも受けやすいという利点があります。顔のたるみを改善して外見を若返らせたい人は、切らないたるみ治療を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です