たるみ治療はそこからです

お肌の調子が良くないという人は、その理由のひとつにお化粧の乗りが悪いとかお化粧が崩れるといったことをあげています。では、このお化粧がヨレてくる原因は何でしょう。お肌がテカテカ脂っぽいという人もいるでしょう。もっと突き詰めると毛穴に問題が見つかることもありです。

たるみは皮膚表面だけの問題ではありません。加齢によって毛穴が楕円形に伸びてしまい、お肌のキメを狂わせてもいるのです。そして、皮膚内部の構造変化や筋肉の衰えにも関係しています。一口にたるみ治療と言っても、現在既に起きてしまっているたるみの現象を改善するのか、加齢によって進むたるみの予防治療なのか自覚することも大事です。

美容皮膚科などで行われるヒアルロン酸を皮下に注入する方法も、確かにたるみ治療の選択肢の一つです。しかし、誰でもできるわけではありませんから他の方法を探ってみましょう。たるみの原因となるものの中には、活性酸素があります。これはお肌や細胞を酸化させ皮膚の弾力であったり、ハリやつやを失わせます。

シミやそばかすを悪化させて最終的にはお肌を老化へと導いてしまいます。この活性酸素の元となるのが①紫外線②ストレス③大気汚染④喫煙⑤食生活といわれています。知らずしらずのうちにお肌が変化していきますから、お肌がたるんでいると気付いたときはかなり進行している状態です。こうしたことを念頭に入れてたるみ治療には頬杖をつくなどの外からの圧迫を避け、食生活や日常生活の改善が必要です。

さらに保湿を手抜きせず、週に1,2回はリフトケアマッサージや美顔器、シートマスクなどのスペシャルケアを取り入れます。このことでお顔の血流を良くしてむくみを取ります。ハリケアの対策としてはビタミンCの補給をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です