たるみ治療の種類~たるみの原因に合わせる

たるみ治療の種類は、そのたるみがどうして発生しているかによって合わせるのが一般的です。まず皮膚のたるみの場合です。これはコラーゲンやエラスチンと言った、肌の弾力を支えている成分が破壊されてしまったり、減少してしまうことで発生します。いわゆるたるみ毛穴と呼ばれる状態になりやすいのが、これを原因とするたるみの特徴です。

この場合は、表面から熱を加え皮膚の奥深くにあるこれらの成分を生成している繊維に刺激を与えるたるみ治療法があります。それによって、コラーゲンなどの成分の生成が促され、じょじょに改善が見込まれると言う具合です。即効性は期待できませんが、生成のリズムが整えば、それは長期にわたり持続するので、根本的な改善方法としての効果を期待できます。それから脂肪が原因の場合です。

脂肪がつき、それが重力によって下がってくることでたるみが発生してしまっている場合です。この場合は、肌内部に特殊な糸を挿入して、それによって脂肪部分を引き上げるたるみ治療法があります。特殊な糸は切開しなくても挿入できるので、傷あとの心配は不要です。また脂肪が原因の場合、その重さによってコラーゲン繊維が切れてしまい、たるみが発生することもあります。

この場合でも、肌表面から繊維に働きかけるたるみ治療が選択されることがあります。それからむくみによるたるみです。余分な水分が溜まることで、その重みに耐えきれず下へと下がっていき、それがたるみになってしまうと言う具合です。この場合は、脂肪層に溜まった余分な水分を排出し、引き締める治療法がとられます。

この方法ではまた、コラーゲン繊維などにも刺激を加えるため、その生成による弾力回復も期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です