顔のたるみ治療の種類

加齢によって起こる悩みの一つに顔のたるみがあります。顔のたるみは老け顔の原因ともなりますので、セルフケアでの解消が難しい場合は、美容皮膚科などでのたるみ治療がおすすめです。顔のたるみ治療にはいくつかの種類がありますが、現在、主流となっているのがレーザー治療です。肌表面を傷つけることなく、たるみの原因となる真皮部分に直接アプローチできることから、すぐに効果を実感できるのが魅力です。

現在は、ラジオ波や赤外線、高周波、超音波など様々な種類のレーザー治療がありますので、自分のたるみに適した治療が受けられるクリニックを選ぶようにしましょう。次により手軽なたるみ治療として注入療法があります。ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分を注入して、たるみが気になる部分を改善させる方法で、比較的安価で効果もすぐにあらわれるという魅力があります。最後に少し大がかりなものとしては手術があります。

特殊な糸を用いて顔の皮膚全体をリフトアップさせることによってたるみを改善するものやたるみの元となる脂肪を切除する手術があります。脂肪切除は特にまぶたや目の下のたるみの解消に用いられる方法で根本的な原因を取り除くため、半永久的に効果を持続させることが出来ます。ただし、手術ですのでそれなりのリスクを伴うものとなります。このように顔のたるみ治療にはいくつかの種類があり、その中でも使われる医療機器は違ってきますので、クリニック選びは慎重に行うことが重要です。

池袋でハイフのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です