シワ治療とコラーゲン注射

アンチエイジングでシワのプチ整形を考えたとき、コラーゲン注射という手段もあります。コラーゲン注射は、メスを使用するようなシワ治療ではなく、注射でコラーゲンを注入していく治療になります。針の細い注射器を使用して、シワとなった皮膚のくぼみに沿って、コラーゲンをバランスよく注入していきます。コラーゲンが内側からシワのくぼみを押し上げるため、その日のうちに肌はふっくらとした印象になります。

コラーゲン注射の治療をしたら、持続期間は4ヶ月から半年ほどの機関になります。自分自身のコラーゲンではありませんから、それくらいの期間で、自然に体内へと吸収されていきます。見た目を若々しく持続させるためには、継続的にコラーゲン注入を行う必要が出てきます。コラーゲン注射をする前には、アレルギーが出ないかを確認するため、アレルギー反応検査を行います。

コラーゲンは人間の体にもあるもので、筋肉や皮膚、靭帯などを構成しているタンパク質です。もともとは人間の皮膚にコラーゲンはありますが、年齢を重ねていくことで、真皮層のコラーゲンは減少していきます。これが原因となって、シミやたるみができる要因となります。コラーゲン注射をすることで、小じわなどの改善が見込めます。

また、仕上がりのセンスも必要であるため、経験豊富なデザイン性も確かなドクターに、注射を依頼することも大切です。コラーゲン注射というのは、これまでのドクターの経験値と、技術力の高さが必要な治療です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です