老化とともに現れるほうれい線の解消法

多くの方が加齢に伴い悩む症状として、ほうれい線があります。このほうれい線とは、顔の小鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本のシワのことです。口の近くにシワができることで、実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。そもそも、ほうれい線ができる原因は、主に加齢によるものです。

加齢が進むと、お肌の内側の真皮にあるコラーゲンが不足していきます。そのため、肌のハリや弾力が失われてしまい、頬がたるんでいきます。そうすると、頬についた脂肪が重く垂れ下がることで、シワが目立つようになってしまうのです。その他にも、現代人にとって欠かせない携帯もほうれい線の原因になります。

携帯を使う場合は、下を向いて長時間過ごすことになります。そうすると、下に口まわりの筋肉が引っ張られてしまいます。この状態で長くいると、頬の筋肉がたるんでしまいます。なので、シワが目立つようになるのです。

口周りのシワを解消するためには、舌回し体操というのが有効です。これは、内側から口周りの筋肉を鍛えることで頬を引き上げる体操です。頬にハリを戻すことができるので、シワが解消されます。舌回し体操のやり方は、口を閉じた状態で舌を歯に沿ってゆっくりと回すだけです。

この動作を、左回りで20回、右回りで20回くらいそれぞれ行います。します。この体操は、普段使わない筋肉を使うので、最初はとても舌が疲れます。しかし、普段使わない筋肉を鍛えられるので、すぐに効果があらわれます。

手軽に行えるので、悩んでいる方は気軽に行うと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です