ほうれい線には顔のストレッチを

ほうれい線があると老けた印象を与えてしまいます。年齢を重ねると共に肌の衰えが起こるのは当然のことですが、実年齢よりも大幅に老けてみられるのは避けたいところです。ほうれい線の要因として、加齢による潤い成分の不足が指摘されています。元々肌中に備わっているものですが、年を取ると産生が遅れてきて潤いが足りなくなっていきます。

乾燥対策をしっかりと行って肌中の水分量を良い状態にキープできれば、シワやくすみはある程度改善されます。また、潤い成分が配合されている化粧品を毎日のケアで取り入れるだけでも効果はあります。浅いシワは毎日のお手入れで改善されることが多いのですが、少し深いシワになると化粧品のケアだけでは足りません。この場合は顔全体のたるみも大きく関係していますので、たるみを取り除く方法を考えなければなりません。

たるみ対策として有効なのは、顔のストレッチを行うことです。たるみが表れるのは、顔の筋力が低下しているからです。顔の筋肉はあまり使われていないことが多いので、自然と下がってきてしまいます。ストレッチで筋力をつけることでハリが戻り、縦長になった毛穴も正常に戻ります。

鼻の脇の筋力をつけることでほうれい線も改善されますので、毎日のお手入れの際に実践したいところです。夜寝る前の1日2~3分のストレッチで、若々しい状態を維持することができます。慣れないうちは筋肉に負荷がかかっている感じがして大変ですが、継続すれば負担をあまり感じなくなります。名古屋でリフトアップのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です