小顔になれる老廃物の流し方

老廃物をリンパに流す方法を理解しておくと、むくみを解消して小顔にしたいときなどに、とても役立ちます。リンパや静脈は肌の表面にあるので、軽く触ってなぞるだけで流れを促し、小顔効果が期待できます。じっくりマッサージをする時間のないときは、この「流す」動作をするだけで、肌と筋肉はよみがえります。流れの導線だけしっかり覚えれば、むくみやくすみを感じたとき、洗顔やスキンケアのついでのときなど、いつでもどこでも小顔ケアできるのが強みです。

まず口角からほうれい線のあたりに手のひらを置き、耳のほうに向かってしっかり指の腹を使って滑らせていきます。この動きをしながら自分の骨格に普段から触れていると、むくみなどを敏感に察知できるようになります。口角から耳までしっかり老廃物を滑らせたら、あごからフェイスラインに沿った部分も、耳の前まで押し上げていきます。手のひら全体を使ってしっかりと流すようにします。

次に耳の前から後ろへと丁寧に流していきます。耳の後ろが乾燥してシワが多いと、首にもシワができていることが多く、大胸筋が衰えている可能性があります。流す動作をしながら耳の後ろや首を触り、顔全体の老化につながっていないかチェックすると良いでしょう。指の腹で軽く押しながら耳の後ろを通りますが、ここがシワっぽい人は、首から胸の筋肉のストレッチもするようにします。

そのまま首筋を指の腹で押し流して、鎖骨まで老廃物を流します。顔やデコルテのくすみにも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です