失敗しない翻訳会社を選ぼう

翻訳サービスを活用して商談を円滑に

IT化とグローバル化が世界各国で進んでいます。

ネットを通して、海外のクライアントと日常的にやり取りをするビジネスパーソンの方々が増えて来ました。多くの日本企業がグローバルな視点でビジネスをしており、経済発展が目覚ましいアジア諸国や豊富な需要を持つ欧米の国々の企業と、取引を開始し始めています。海外のビジネスパーソンやクライアントとメールでやり取りをする際、気を付けたいのが英文の内容です。

いわゆるプライベートで英文のやり取りをする場合だと、文中にミスやカジュアル過ぎる表現があったとしても、お互い私的な連絡という事で、特に大きな問題にはなりません。ただしビジネスシーンでのスペルミスや誤解は、即座に取引中止や円満な契約の妨げに繋がります。欧米のクライアントやビジネスパーソンとEメールで打ち合わせをする際は、細心の注意を払い文章作成をしたいところです。特に大事な商談に関する文章を練る際は、翻訳サービスの協力を得た方が賢明です。

翻訳サービスに相談し、仕上げた英文を校閲してもらえば、誤解を生む表現や欧米の人々には通じない単語などを送付前に確認し、修正してもらえます。また英語力にあまり自信がない方は、日本語で執筆した商談メールを翻訳サービスのスタッフに依頼して、丸々英訳してもらいましょう。英語圏の商取引に詳しいプロなら、日本語で執筆した物をより現地の人々のハートに届くように英訳してくれます。普通のサラリーマンが作業するよりも短時間で更に高品質なビジネスメールが出来上がるため、自ずと得られる成果も良くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *